10月に革小物ワークショップを開催します。
ただいま革をセレクト中♪ 

10月28日(土) 代々木公園のレンタル工房「qualite」にて、革小物ワークショップを開催する予定です。
今回は、クラッチバッグにもなる「大きめのがま口ポーチ」と、読書の秋にぴったりのアイテム「色合わせが楽しいバイカラーのブックカバー」を企画しています。

オートクチュールバッグ/ ホースレザーのボックス型カメラバッグ モノトーングラデーション 

お着物を着る日も、一眼レフカメラを持って出かけたい!

こだわりのマダムのためのスペシャルなカメラバッグが完成しました。
オリジナルレザーを大胆に裁断して仕立てた、抜群の存在感を放つバッグです。

オリジナルカメラバッグ ホースレザーにモノトーングラデーションを染めていただきました。

スペシャルな着物用カメラバッグを作るため、グラデーションの革を探していました。
レザーフェアという革の展示会で出会った「馬革」専門のタンナーさんにそのお話したところ、作ってくださるとおっしゃるので、夢ではないかしら?!と思っていましたが、

届きました。

夢ではなかったのです!

1つのバッグのデザインには100を超える決断が必要。
オリジナルカメラバッグを作っています。

お着物バッグを制作しています。
でも、ただのお着物用のバッグではありませんよ。

私の願いはものを作る楽しさと豊かさを、たくさんの人とシェアすること。

 

 

Potmum高橋法子です。
洋裁、和裁、手芸テクニックに鞄制作のスキルを組み合わせ、オリジナルバッグや小物を制作販売また、オーダーメイドバッグ、こだわり仕立てのお洋服の制作を行っています。

愛知県出身。なんでも手作りする祖母と母のもとで育ち、高校の被服科で洋服づくりの基礎を学びました。専門学校入学時に東京へ来て、それ以来、関東で暮らし、お仕事をしています。

夏の革小物ワークショップ
すべての人はアーティスト♪を開催しました。

昨年から講師をさせて頂いている、バッグヤードの革小物のワークショップ。
先日、7月29日(土)に今年の夏のワークショップを開催させて頂きました。
革初心者の方が、もの作りの楽しさを通して革と仲良くなって頂きたい。という想いでスタートしたワークショップなのですが、いつも私自身も本当に楽しく、出来上がる作品の素晴らしさにはいつもうっとり〜

バッグの作り方 2:持ち手を手縫いする

1920年にエルメスが発表した世界初のファスナーつきバッグ「ブガッティ」。ブランドのアイコンバッグの中では特にかわいいデザインで、ずっと前から大好きです。

バッグの作り方 1:革を削って作る芯

バッグに使う芯を選ぶのはむずかしい。

けれども、ぴったりくるのが見つかると、誰にも見えない秘密をつかんだ気持ちになり、しかも、その発見はきりなくあるので、ずーっと続けてしまうのです。

3月に開催されていた「エルメス手しごと展」で見ていたら、芯材にはこんな革を使っていました。聞いてみたら黒のカーフ(子牛革)ですって。

最近買った 革と道具

私の毎日は、何かの作り方を考えているか、
素材を探しているか。

「日々、挑戦」が座右の銘です。

そんな私が、最近入手した革と道具をご覧ください♪

みなと横浜で日本のドレス 麗しき東西交流展 

先日、大好きな街、横浜にあるお城のような建物「横浜美術館」で開催されていた展示会に、19世紀後半から20世紀前期のドレスを見に行ってきました。

123

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。