”手縫いで作る革のメガネケース”ワークショップレポート

 

10月13日(土)蔵前の革小物のアトリエStudio Y Creationで、「手縫いで作る革のメガネケースワークショップ」 を開催しました。
出来上がりの満足感をテーマに、クラフト感覚ではないワンランク上の革小物を作るワークショップとして、一級革小物職人の吉川信和先生とわたくし高橋法子が企画するワークショップシリーズ第二弾。そのレポートをお届けします。
参加してくださった方はその余韻を楽しみながら、革の手作りに興味のある方はどんな様子だったか、写真と一緒にご覧いただけたらうれしいです♪

口金つきクラッチ財布とキャメルのロングコート

 

キンモクセイの香りと共に、おしゃれが楽しい秋がやってきました。
これからは寒いのはきらいでも、コートやストール、手袋などの組み合わせを考えるのはとても楽しい季節。
しばらくしたら始まるキラキラ輝く冬のイメージで、口金のついたクラッチバッグ風のお財布とロングコートを仕立ててみました。

オーダーメイド財布 赤と黒のスマート札入れ

 

赤と黒は無敵の配色。
無敵の赤黒財布を制作しました。

イニシャル刻印タッセルつきL字ファスナー財布 マゼンダピンク


スリムで軽くて、いろいろ入ってとっても便利。人気者のL字ファスナー財布を制作しました!
仕立てた革は素上げのマゼンダピンク。素上げというのは、

オーダーメイドバッグ モノトーン迷彩ビジネストート

個性的な迷彩プリントの牛革を使って、メンズトートを制作しました。
モノトーンの迷彩に、裏はレンガ色のオックスフォード。

10月13日(土)東京・蔵前で ”手縫いで作る革のオリジナルメガネケース”のワークショプを開催いたします。

 

鞄も作れる革小物一級サンプル職人吉川信和氏(前回のブログでご紹介しています。)Potmum高橋法子が、「プロフェッショナルの技+もの作りの楽しさとアイディアを伝える!」をテーマにお届けするワークショップのお知らせです。

ものづくりの街・蔵前で、コラボワークショップを開催することになりました!

この秋、Potmum 高橋法子のワークショップがパワーアップして、もの作りの街 蔵前で開催する事になりました!

がま口小銭入れ付き札入れ財布 深海ネイビー&珊瑚 完成しました。 

これは、がま札(がま口小銭入れ付き札入れ)の革のパーツです。
これに、たくさんの裏地と芯地のパーツを組み合わせて、初めて口金の付いたお財布を制作してみました!

私はこれを「ガンプラ財布」と呼ぶようになりました。なぜなら、

時間も、境界線も、暑さも忘れてしまう場所
デジタルアートミュージアム チームラボ ボーダレスお台場

仲良しの写真仲間に誘われて、猛暑のお台場へ出かけてきました。
行先は、「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM EPSON teamLab Borderless」
暑さも忘れる素晴らしい時間・・・ この夢が覚めないうちにレポートしたいと思います。

オーダーメイドパスケース&お財布 ワインレッドはお好きですか。



ワインレッドは大人の女性がお好きな色。
それに気づいたのは、バッグや小物のオーダーをいただくようになったからでした。

その発見を友人に話すと、

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。